ハムちゃんとの出会い、そして別れ

日常

こんにちは!みのかです。

また日にちがあいてしまい申し訳ないです(泣)

自分の中で整理したい出来事がありまして、ちょっと時間がかかってしまいました。

2年前の春、うちに来てくれてずっと一緒に暮らしていたキンクマハムスターのきなこが、先月のはじめに亡くなりました。

きなこは今年のはじめに出血し、病院に連れて行ったところ、おそらく子宮の病気ではないかと診断されました。妊娠しなかった女の子のハムスターに多い病気だそうです。

おくすりで治すことはできず、手術をすすめられました。少し迷いましたが、きなこの身体への負担を考えてお断りしました。

このときの検査で、心臓に病気があることも発覚。

きなこはおくすりを始めることになりました。

一日2回、頑張っておくすりを飲んでいましたが、苦しそうに眠ってばかりの日も増えてきました。

子宮からの出血が頻繁におこっていましたが、見守ることしかできず。そんな4月のある日、苦しそうにしているきなこにおくすりを飲ませようと抱っこすると、身体が冷たいんです。びっくりしてブランケットにくるみ、温めました。少し身体が温まってきたかなという頃、突然いってしまいました。

最期に、大好きなおとうふを口元にもっていくと、少しかじってくれました。初めて会ったときもおとうふを食べてたよね。本当におとうふ大好きな子でした。

きなこを亡くして、なんだか失恋したときのようななんともいえない喪失感を感じました。きなこのゲージが片付けられず、誰もいないゲージに向かってつい話しかけてしまったり。

これではいけないとペットショップに行ってみましたが、きなこを思うと新しい子をお迎えする気になれませんでした。

きなこに会いたい、寂しい…。

毎日そんなことを考えてしまっていました。

そんなとき、なんとなく眺めていたペットショップのホームページに載っていた、白い長毛ハムスターの男の子にひとめぼれしてしまいました。ただ、その子がいるのは埼玉県久喜市という少し遠方の地。

知人にお願いして、レンタカーを借り、埼玉県まで行きました。そして出会った、真っ白でふわふわな男の子。

「しろみ」と名付けて、いま一緒に暮らしています。

しろみは、いつまでもきなこのことが頭から離れず、寂しい思いをしていた私に、きなこが出会わせてくれたと思っています。きなこありがとう。

新しい出会い、そして別れ。

受け止めて飲み込むのは時間がかかりました。

今度ペットロスについても記事が書けたらなあと思っています。

ちなみにきなことしろみ。

同じハムスターでも全然性格が違うんです。

それが結構面白いんですよね。

 

 

きなこ→おんなのこ

しろみ→おとこのこ

きなこ→食べるのだいすき

しろみ→食にあんまり興味ない

きなこ→かしこい

しろみ→ちょっとおバカ

きなこ→トイレでしかおしっこしない

しろみ→どこででもおしっこする

きなこ→感情豊か

しろみ→マイペース

 

 

みたいな感じですw

ちなみにふたりの共通点はビビリってところくらいです。

同じハムスターでこんなに違うんだな~と感心。

どっちもかわいいですけどね!

そんなしろみ、そしてきなこのことも、今後書いていきたいな。これからハムちゃん飼いたいなって方にもためになる記事が書けたらなあ。って感じで、次の記事もハムスターについて書いていきますね!